キラーキーワード

ホームページ作成から、運営を経験している方はご存知かもしれませんが、サイト運営やSEO対策の世界において、最も多いアクセスを集めることができるとされるキーワードは「キラーキーワード」と呼ばれており、このキラーキーワードを当てることができればサイト運営に関してはとても心強いと言えるのではないでしょうか。

しかし、SEO対策の面から考えてみると、効果を持続し続けるためには、ただひとつだけのキラーキーワードに賭けるというのは、あまりにも危険な賭けであると言えるでしょう。

SEOというのは、ある特定のキーワードだけに拘ったり、依存してしまった場合、快調な時はそれで良いかもしれませんが、次の手をきちんと考えていないと、突然検索エンジンの評価ルールが変わってしまったりした時や、キーワード自体の流行が過ぎてしまった時に、みるみるアクセス数が減っていってしまうという危険性があると言えるでしょう。

実際に、現代のSEOで対策で成果を出し続けているサイトというのは、キラーキーワードだけに頼ったようなSEO対策は回避しているということが多いと言われています。

SEOとしての理想としては、キラーキーワードで集まった、ある種一時的なアクセス数といったものよりも、キラーキーワードを使用せずに集められたアクセス数の多いサイトという方が、運営側にとっては良いと言えるでしょう。

GoogleAnalyticsを使用し、アクセス解析をみる場合、トップ10に入るキーワードには色が付くようになっており、その他はグレー表示になっているようです。

本当に良いサイト運営とSEO対策を考えていきたいのであれば、常にこのグレー部分が50%を超えていけるようなバランスを保っていくことが望ましいと言えるでしょう。

「NEPTUMEのホームページ制作」サイトトップへ