XHTML1.0の特徴

HTML4.01を、以前までのブラウザを利用しても表示できるようにしたと言われているXHTML1.0文書ですが、HTMLを使用していた時の知識をそのまま利用できるメリットがある反面、XHTML1.0文書を利用するための基本的な決まりごとは、もちろんXHTMLのものであるため、気をつけて行う必要があると言えるのではないでしょうか。

ホームページ作成などにおいて、この2つの違いを理解していない場合、様々な不具合が起きてしまいかねないため、なんとなくの理解でなく、しっかりと把握しておくことが大切と言えるでしょう。

例えば、タグを入れ子にしたいという場合、終了タグまでも入れ子になってしまわないように注意しなければならないでしょう。正しく内側から順番に閉じていくというのが重要でしょう。

XHTMLでは、開始タグと終了タグの位置関係と要素が正しく入れ子にしなければならないなど、規則に則って書かれているものを「整形式」と読んでいるそうです。

また、style要素とscript要素の記述の方法も注意が必要とされるようで、タグに対応していないブラウザが、タグが付けられている内容を表示しないよう、設定している内容全てを〈!—」と「—〉という指示で囲う方法が多く利用されていたようですが、XHTMLでは、こういった記述をした場合、囲まれた部分がコメント扱いされてしまうため、同等の手段として、〈![CDATA[」と「]]〉という指示で囲む「CDATAセクション」と呼ばれる方法を使い、各内容を、スクリプトやスタイルとして処理するようにすると良いでしょう。

可能性として、CDATAセクションサポートのないブラウザにおいては、きちんと機能しないということもあるため、外部のスタイルシート使用というのもおすすめでしょう。

「NEPTUMEのホームページ制作」サイトトップへ