要素とプレゼン

ホームページというものには、多くの要素が集合しているため、アバターのデザインや音声の選択などのように、一つ一つ疑問を挙げていくのはきりがないと言えるでしょう。もちろん、それぞれの要素には全て理由があると言えるでしょう。

制作者の考えやコンセプトに最適と思うものが選択されているという点では、どのようなホームページ作成でも変わらない事実であると言えるでしょう。また、それぞれの表現に対して最適と思うものを選択するだけではなく、可能な限り、表現自体についても選択肢を広げ、最適と感じるものを選んでいきたいというのは、制作者の願いと言えるでしょう。

多くの会社が、ホームページ作成を外注する際に議論になるのはこのような点が社外で依頼した場合に可能かどうかという点が不透明だからと言えるでしょう。

例えば、新聞広告のプレゼンの際、BGMを使うということに対してあなたはどう感じるでしょう?新聞広告案だけを見るという行動に別添えの「演出」をくっつけたと言えるこの行動は、プレゼントしては意味のないものであると言えるでしょう。はっきりいって、目的をクライアントへの媚という風に間違って捉えてしまった結果と言えるでしょう。

新聞広告は、ユーザーに対して向けられたものでなくてはならないと言え、クライアントに向けられた演出などは無意味と言えるでしょう。ホームページ作成に関しても全く同じです。クライアントを納得させようとした演出を使ってくる業者に対しては、厳しい態度で取引すべきと言えるでしょう。

大切な顔となるホームページですから、しっかりと良い制作者に任せることは重要なポイントであると言えるでしょう。演出や説明が必要なホームページは、閲覧者からも同じ目で見られるという事を忘れないようにしておきましょう。

「NEPTUMEのホームページ制作」サイトトップへ