共起語を使ったクオリティアップ

SEOでは、テキストが検索順位を決定していると言っても過言ではありません。長い文章であれば検索の上位になりやすいと言いますが、「文字数の量を判断材料に検索結果を決めていない」という公式の発言もあったそうです。とは言え、検索の上位に上がっているのはどれも文字数が多い傾向にあり、やはり文字の多いページはSEOでは有利と言えます。これは、クオリティの高い文章は自然と文字数が多くなってしまうからと言えるでしょう。そのため、意味のない繰り返しの文章で1万文字のページを作成したとしても、「クオリティが低い」と見なされて、検索結果から弾かれてしまうのです。クオリティの高いとされるページは、自然と共起語が含まれやすくなります。共起語とは、例えば「小型犬」に関するものでは、「飼いやすい犬」「小型犬」「小型犬のおもちゃ」「小型犬のしつけ」というキーワードが挙げられます。このような共通のキーワードが大量に入っていることで、「小型犬に関する情報を多く得られる、有益なホームページだ」という判断をしてもらえるのです。このような関連キーワードは共起語と呼ばれており、情報量が増えれば増えるほど、自然と多くなっていきます。また、共起語のキーワードが多いということは、それだけさまざまな検索キーワードでヒットしやすくなっている状態と言えます。情報が多いということはユーザーを満足させられることです。まとめると、文字数の多い(クオリティの高い)ホームページは、「検索上位に入れてもらえやすくなる」「検索上位に表示されたときにクリックをしてもらいやすくなる」「キーワードが多く使われているために検索に引っかかりやすくなる」というメリットがあると言えるでしょう。