コントラストの調整

ホームページは、色が重要な役割を持っています。例えばどんなに読みやすい文章であったとしても、背景色と文字が同じような明るさの色であった場合には文字が見づらくなってしまいます。配色は、デザインをする上で非常に大切な要素のひとつと言えるでしょう。優れた配色をするということは、視認性が上がるということで、コンテンツの内容をきちんと伝えられる(内容がきちんと読みやすくなっている)と言えます。この視認性は、コントラストが大きく関わっています。配色におけるコントラストは、色の明度が大きく関わっています。明度は、最も高い状態が白、最も低い状態が黒となります。明度が高いほど明るい印象となり、この明度の差が大きいということが「コントラストがはっきりする」、つまり見やすい状態となるのです。ホームページを見ていて、背景色に文字色が沈み込んでいるように感じたことはないでしょうか。一見、同じような明度の色で固めているので配色が統一されているように感じますが、文字の読みやすさで言えば読みづらくなってしまいます。逆に読みやすい文字というのは、明度に差がある色を使っている状態といえるでしょう。極端ですが、白地に黒文字で書かれた文字が読みやすく感じるのは、最も明度の高い白と、最も明度の低い黒になっているからです。自分でホームページを作っていて、見やすいのかどうか分からないと感じたときには、グレースケールに変換してみると見やすくなります。グレースケールは、白黒写真のように白黒灰色だけで構成された状態で、どの部分が見やすいのかはっきり分かりやすくなります。一旦ホームページのスクリーンショットを撮った上で、Photoshopなどを使えばすぐに確認することができます。