ファイルマネージャー

HTMLやCSSを使って1からホームページを作ろうと考えた場合、例えばメモ帳やテキストエディタなどの無料のソフトを使っていた場合には、FTP接続をしてアップロードをしなければなりません。当然ながら、自分のパソコン内とサーバー上にふたつファイルが存在することになり、修正しようと思ったときにはもう一度編集をした上で、サーバーにアップロードしなければ更新されません。よほどこだわって1から作成したいという場合でなければ、「ファイルマネージャー」を使っての作成がおすすめです。ファイルマネージャーは、ファイルを編集していけばリアルタイムで実際のサイトに反映されていくという特徴があります。ブラウザを使ってサイトを確認しながら編集できるので、視覚的にも非常に分かりやすいと言えます。また、個人向けのホームページであればページ数も多くないために、ベースになるページさえ作っておけば、あとはコピペをしながら作成することもできます。ファイルマネージャーの場合、デフォルトでテンプレートが入っているという場合も多いようです。初めから用意されているデフォルトテンプレートの文言を編集していけば、ひとまずホームページとしての形は作ることができます。もちろん用意されているテンプレートを使わなくても構いませんし、デフォルトのもの以外にも多くのテンプレートは公開されています。初心者の場合では、ホームページソフトやCMSを使うことも分かりやすいですが、ある程度の知識があるという場合にはむしろ設定することが手間になってしまいます。また、ファイルマネージャーの場合には「アップロードをする時間を短縮できる」というメリットもあるので、簡単なホームページを作りたい場合には使いやすいと言えるでしょう。